SecondLifeの主な概要

click view fullsize


【 SecondLifeの主な概要 】

SecondLifeとは、2003年4月より
アメリカ・リンデンラボ社によって開始された3DCGを用いた仮想空間です。

プレイするには、メールアドレスを用いてアカウントを作り、ビューア・
アプリをパソコンにダウンロードします。

日本では2006年〜2008年頃に一大ブームが巻き起こりました。

流行した当時は、日本のテレビや雑誌などでも連日ニュースとなっており、
誰もが名前を耳にしたことのある日本企業がいくつも参入していました。

また、SecondLife内にはリンデンドルと呼ばれる独自の通貨が流通しており
その通貨は現実世界で換金することが可能なため、それを利用してSecondLife
内の不動産売買で大儲けした人がいたことも、大きなニュースとなりました。

この文章を書いている現在が2017年8月ですから、実に14年もの長きに渡り
世界中の人々に愛されてきたコンテンツだと言えるでしょう。

一般的にはよく「日本ではもうオワコンだ」という扱いをされていますが、
私はまだまだ進化し続けているコンテンツだと思います。

一般的なMMO(大規模多人数型オンラインMassively Multiplayer Online)
との大きな違いは、運営側がシナリオを何も用意していないという点でしょうか。

SecondLifeは、仮想世界の中で「どのように過ごすか」という事から自分自身で
創造していくことが出来る、とても自由度の高い遊空間だと思います。

次のページではSecondLifeをプレイするにあたっての環境についてお話ししたいと思います。



インターネットや推奨環境について→

←メニューページへ戻る

Advertisements